1918(大正7)年創業。畳・襖・障子・網戸・カーテン・クロスなど、お客様の視点にたった仕事をしています!たたみクラブ会員・畳組合会員・水俣市環境マイスター・一級技能士のお店

らくふわたたみ

  • HOME »
  • らくふわたたみ

 

 

汚れても、洗って使える。それも、自分で簡単に!

そんな新しい畳に興味ありませんか?

「たたみは、災害で濡れると新畳・・・」これは仕方がないことなのです。

畳に使ってある中の土台は、基本的に「わら」「わらと発泡ポリスチレン」「木のチップを固めたボード」が全体の98%を占めています。それらの素材は水を吸い込んでしまうと、乾きにくく、乾くうちに腐ってきます。また、床下浸水などの場合は、泥や汚水で汚れて、菌の繁殖、さらにはにおいが取れませんので、新畳に交換するしかできないのが現状です。

さらに、災害時は周りも同じ状態ですので、大工さんや職人さんの人手が足りず、すぐには来られない場合が多いですので、住むまでに2週間から数ヶ月かかるときもあります。

そんな緊急の場合でも、すぐに使えるように
転倒による怪我防止のクッション性を持ちながら、
汚しても簡単に洗える衛生面に特化した商品を開発しました。

見た目は普通ですが、使ってみると全然違います。

                              
「乾くのも早くて、すぐに使えた!」
「柔らかいので、転んでも安心」
「歩くだけでも気持ちいい」
「どんどん汚してもOK!と、母に言えた(笑)」

こんな嬉しい声を、モニターの皆様にいただいております!

この《らくふわたたみ》の原型は、災害時の避難所生活の負担軽減のためにJNC開発㈱と共同開発した《ライトマット》です。 避難所の床はほとんどが硬く、簡易シートを敷くだけでは体への負担が大きく、長引けばかなりのストレスとなります。 そこで、軽く柔らかいながらも硬さがあり、床の冷たさをシャットアウトし、汚れても取り外して洗え、簡単に交換できる 《ライトマット》を製作し、熊本地震の際、避難所に寄贈いたしました。

ネットでも〔洗える畳〕という商品はあります。
しかし、内部まで洗える畳はありません。
ほとんどの商品が表面だけの洗浄しかできませんので、災害での泥・汚水、赤ちゃんが飲み物をこぼしたり
食べかすが落ちたり、嘔吐、介護での排泄物などで汚れた場合など内部の衛生面が心配ですよね。
そんな心配を、簡単に分解して、内部まで洗浄できます。
また、どうしても交換したい場合は、汚れた部分だけを交換できる、お財布にも優しい置き畳です。

1.洗って約60分で、すぐ使える(扇風機を使用しての分解時自社テスト)

2.自分で分解・組み立てOK

3.安全なクッション性

その結果が、「災害でもすぐ使える」「赤ちゃんや、介護で汚しても大丈夫」といった商品となり
すぐに使えて場所も選びませんので、縁側や車の中でも使えます。
また、立ち仕事での体への負担軽減にも最適ですので、キッチンや工場でも使えます。
インテリアとしても、カラフルでとってもかわいらしいです。

忙しい日常の中、ふわふわのきれいな《らくふわたたみ》を2枚並べて、
少し寝転んでみると、そのやわらかさに癒され、気分転換にもなります。
色々な使い方もあると思いますので、ぜひあなたの活用法もお教えください!

枚数限定ですが《らくふわたたみ》のモニターも募集しております!

商品紹介はこちらへ

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-54-1532 AM7:30~PM6:30

PAGETOP
Copyright © 合資会社 一期﨑畳店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.